阿川ほうせんぐり海浜公園【ながと四季マップ】 – かまぼこの藤光海風堂ブログ

「新」130年伝統の味 偉人の故郷・山口県仙崎 - 130年受け継がれる伝統の味で、新ダイニングをお届けします

  • Facebook
  • Instagram

最近の投稿

アーカイブ

「藤光海風堂」の想い「新」130年伝統の味
真心と共に、大切な方に贈る贈り物人気No.1
藤光海風堂流美味しさへのこだわり
手提げ袋付き まとめ買いがお得!直接のお手渡しされる方は必見!
受験生必見!魚のD.H.Aが豊富な 「ねりもの」で合格を目指す
美味しく美しく健康に新食卓レシピ
商品一覧
・ 蒲鉾
・ 竹輪
・ おでん
・ さつまあげ
・ チーズころん
・ 炊き込みご飯の素
贈り物
・ 贈り物一覧
・ 出産祝い
・ 結婚内祝い
・ 引出物
・ 入園・入学内祝い
・ 初節句内祝い
・ 快気祝い
・ 法人ギフト・ノベルティ・イベント用景品
・ 新築内祝い
・ ご供養・お香典返し
ご自宅用
・ ご自宅用商品一覧
・ 蒲鉾
・ 竹輪
・ おでん
・ さつまあげ
・ チーズころん
・ 炊き込みご飯の素

阿川ほうせんぐり海浜公園【ながと四季マップ】

2016.7.12

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on LinkedInBuffer this page

 

タロファ、(=ゝ=)です。

 

7月も中盤に入り、本格的なお中元シーズンが到来しましたね。

藤光海風堂でも、夏ギフトセールを開始しております

お買い物はコチラから!

良い物を少しでも手軽にお届けしていただけるよう、お安い値段と分かりやすいネットショップでお待ちしております。

 

_MG_6297

ところで、みなさまは「お中元」の語源をご存知ですか?

中元というのは、中国の宗教である「道教」で行われる習慣「三元」のことです。

ちなみに、麻雀で發・白(真っ白の牌)・中という3つの牌が3枚ずつ揃う役は「大三元」と呼ばれます。

役満の大きな役ですが、三元とは関係がありません。

大三元の由来は、古代中国で最難関と言われた公務員試験「科挙」の試験内容を、全て主席で合格することだそうです。

 

47a946b50b9478945bd9d3902e020e13_m

三元の由来についてですが、元々は「三官大帝」と呼ばれる龍王の孫たちの誕生日を祝うものだったらしいですが、のちのち意味合いが変わってきたようです。

三元は「上元」「中元」「下元」の3つに分かれています。

上元は元宵節とも呼ばれるお祭りで、各地に色とりどりの提灯が飾られます。

中元は盂蘭盆会(らうぼんえ)とも呼ばれ(元々は別々の祀り事だったようですが、今では意味合いが一緒になっているようです)、先祖の霊を供養する日です。

下元は経典を読み、厄除けをする日だそうです。

この内、中元(盂蘭盆会)は日本に伝わった後「お盆」に派生したそうです。

ですが、元々の中元に贈り物をするという意味合いはなく、これは日本独自の風習だそうです。

 

ヴァレンタインデーしかり、お歳暮しかり、中元しかり…日本の企業は商売上手日本人って贈り物大好きですよね。

この習慣が、今の絆やおもてなしに繋がっているのでしょうね。

 

 

阿川ほうせんぐり海浜公園【ながと海マップ】(下関市豊北町・阿川地区)

 

今回は、長門市を少しだけ離れ、お隣の下関市へ。

下関市の豊北町で有名な箇所といえば、もちろん「角島」。

ですが、その角島と長門市の中間辺りにも綺麗な海浜公園があります。

それが「阿川ほうせんぐり海浜公園」です。

 

所在地:山口県下関市豊北町大字阿川下市

アクセス:ブルーライン交通「阿川下市」徒歩5分
JR山陰本線「阿川駅」徒歩10分
藤光海風堂より車で35分

駐車場:約120台

駐車料金:無し(シーズン中は有料)

営業時間:無し

トイレ:有り

シャワー:有り(期間あり/200円)

特記事項:公園内は乗り物の乗り入れが禁止となっていますのでご注意ください

詳細情報:やまぐちの海水浴場

 

下関市豊北町阿川地区は、凹んだ湾に面するのどかな町です。

その湾の端、その部分が海浜公園として整備されています。

綺麗な「砂浜」だけでなく、遊んだりゴロゴロできる「芝生」、ゆっくりお散歩できる「遊歩道」、そして特徴でもある「謎の建物」。

 

_DSF0702

鉄骨むき出しの、農業用テントのような外観のコレ。

長さは約200m、中にはベンチが設置されている建物です。

夏場は緑のカーテンが優しく覆います。

幼少の頃訪れた時は、怪獣の骨だろうかなんて思った記憶があります。

「コレは…人類を滅ぼしかけた巨大蛇怪獣『ほうせんぐり』の化石なんだよ」

「へぇ~!そうなんだぁ~!」 ※この物語はフィクションです

 

ちなみに「ほうせんぐり」の由来は、この浜にある岩「放生礁(ほうじょうぐり)」、阿川地区の昔の呼び名「法師ぐり」から来ているそうです。

詳しくは、「道の駅 北浦街道ほうほく」さんが書かれたコチラのブログをご参照ください。

 

_DSF0704

この海浜公園の特徴はもうひとつあります。

写真右にある、海に突き出した遊歩道です。

モチーフはおそらく、ほうせんぐりの由来となった放生礁ではないかと。

海の上からお魚を見ながらお散歩を楽しんじゃってください。

 

_DSF0695

沖合に防波堤があるおかげで、海浜公園は優しい漣が打ち寄せます。

透き通った海は、「豊北の海は、角島と土井ヶ浜だけじゃないほっちゃ!」と訴えかけている気がします。

日本海と響灘の中間にあり、漁場は豊富で海も綺麗な豊北町。

長門市の最大のライバル山口県で一番美しい町と呼んでも良いかもしれません

 

最後に、長門市から角島・阿川ほうせんぐり海浜公園・土井ヶ浜海水浴場へ行かれる際、ぜひ立ち寄っていただきたいお店があります。

それが「だるま堂」さんです。

ここの名物は、「青海苔羊羹

青のり!?しかもようかん!?イミワカンナイ!」って思いがちでしょうが、意外とこれが合うんです。

ぜひ召し上がってみてください。

Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on TumblrPin on PinterestShare on Google+Share on LinkedInBuffer this page

商品カテゴリ

  • 蒲鉾
  • 竹輪
  • さつまあげ
  • おでん
  • チーズころん
  • 炊き込みご飯の素
  • 贈り物
  • ご自宅用

藤光海風堂 直営店のご案内

【藤光海風堂 本店】
長門市東深川2537番地1

フリーダイヤル 0120-48-2432
FAX 0837-22-4544
営業時間 8:30~17:30
【藤光海風堂 湯田店】
山口市湯田温泉4-1-7
(おみやげプラザ内)

TEL/FAX 083-932-5585
営業時間 8:00~20:00

ご利用案内

お客様の声一覧

・クレジットカード
・代金引換
全国一律代引き手数料無料!
詳細はこちら>

配送について

・ヤマト運輸
ご注文をお受けした翌日、または翌々日の発送となります。
詳細はこちら>

送料について

・北海道・東北 1150円
・信越・関東 940円
・北陸・中部・沖縄 830円
・関西・中国・四国・九州 730円
詳細はこちら>

返品について

食料品につきお客様のご都合による返品・交換はご容赦ください。
商品には万全を期しておりますが、万一当方の不手際で商品が破損していた場合、注文した商品と違うものが届いた場合は、商品到着後2日以内にご連絡の上、送料着払いにてご返却ください。良品と交換させていただきます。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ・ご注文
0120-48-2432
FAXでのお問い合わせ・ご注文
0837-22-4544
メールでのお問い合わせはこちら

ページトップ